自己分析を深めて志望動機作成|自己分析・適職発見プログラムR-CAP
自己分析・適職発見プログラムR-CAP
お問い合わせ FAQ R-CAPシリーズ プライバシーポリシー サイトマップ
お申し込み方法・受検料について
自己分析・適職発見:R-CAP TOP 志望動機作成:自己分析を深める
自己分析を深める

R-CAP:志望動機作成

客観的な診断結果をもとに的確な自己分析ができ、志望動機が作れます。
POINT

志望動機作成:報告書を手がかりに説得力ある志望動機ができる

4種類の診断テストの結果報告書に書かれている「あなたの特徴」についてのコメントを、付録の「ワークブック」にしたがって転記。その特徴が表れたエピソードを書いていくと、客観的で説得力のある志望動機を作ることができます
POINT 志望動機作成:仕事のやりがいを知ると、志望動機もより明確に
付録の「ジョブカタログ」を読めば、イメージだけでとらえていた個々の職業の内容が具体的にわかります。世の中にはどんな仕事があり、どんなやりがいが得られるのか。正確な知識と明確な職業イメージを持てることで視野が広がり、志望動機も明確になるでしょう。
あなたはどんな人なのか
Job Catalogue 140 (上) 診断結果をもとに自己分析を進めるための、40ページの「ワークブック」が付いています。
(左) 140職種を詳しく解説した「ジョブカタログ」が付いています。
ワークの流れ
得意を見つける
P16-17
近い将来、働くうえで発揮できる自分の得意なことをR-CAP診断結果を使って言葉にしていきます。
やりたいことを見つける
P22-23
R-CAP診断結果を参考に世の中の仕事や働き方についてあなたの興味・志向を整理し、仕事選択の基準をはっきりさせていきます。
自己PR・志望動機を作成する
P32-33
あなたの得意なことを軸にした自己PRや志望動機を作成するコツを学びながら整理していきます。
先輩の活用POINT
「面接で志望動機が話せるようになりました」 Aさん・メーカー内定・2004年卒
「我が強くて出しゃばり」という自分の欠点が気になり、自信がなく志望動機もうまく話せませんでした。R-CAPを受検して報告書を読むと、自分の特徴が書かれていて、見方によっては欠点も強みになると気づきました。ワークブックで、自分らしさを生かした志望動機をまとめることができました。
報告書のコメント
志望動機
報告書のコメント例 志望動機例
「失敗が続き、やりたい仕事の見直しに活用しました」 Bさん・通信会社内定・2004年卒
面接がなかなか通らず、失敗の連続でした。志望職種をSEから広げてみようとR-CAPを受検。自分の適職上位20職種を「ジョブカタログ」で調べてみました。それまであまり意識してなかった「電気通信技術者」の仕事にも魅力を感じ、応募してみようと思えました。
適職ランキング
ジョブカタログ
あなたの趣向と似ている職種 電気通信技術者
適職診断・職業適性検査:結果報告書を読む 就職活動バックアップ:セミナーに参加する